社員の人材育成のために、多くの企業では研修制度を採用しています。管理職や人事担当者の中には、社員研修の計画の策定や施策内容の見直しに携わっている方もいらっしゃるでしょう。

研修には様々な種類や手法がありますが、いずれにしても実施目的を明確にしておかないと思うような効果は期待できません。

今回はあらためて、社員研修とは何なのかを明らかにし、実施目的に応じた手法の違いや導入効果を高めるために注意すべき点をご紹介します。

社員研修とは何なのか?社員研修の目的に合わせた3分類

社員研修とは、業務に必要なスキルを社員に習得させるための教育体制です。そのため、効果的な研修を行うためには、まず以下の問いを考える必要があります。

  • 対象となる社員は誰なのか?
  • どんなスキルや技術を習得してもらいたいのか?

「誰」に「何」を学ばせたいのかという社員研修の方針が明確でないと、研修効果の測定を行うことが出来ません。つまり、これらの方針を定め、社員研修の実施目的として落とし込む必要があるのです。

社員研修の実施目的に応じて、社員研修は以下の3種類に大別できます。

  • 階層別研修
  • 職種別研修
  • その他(テーマ別)研修

階層別研修は、対象者の年齢や役職に合わせた研修のことです。たとえば内定者や新入社員、幹部クラス等、それぞれのポジションで求められるスキルやマインドセットを習得することが目的となります。

職種別研修は、それぞれの職種に応じた専門スキルを身につけるための研修です。たとえば営業職であれば、プレゼンテーションや提案書ライティングのスキル等、業務で成果を上げるために必要なスキルセットを広く学びます。

その他、階層別や職種別に分類されないものとしては、たとえばITリテラシー等、社会人としての基礎スキルを学ぶテーマ別の研修もあります。

いずれにしても、その研修を通じてどのような目標を達成し、どんな成果が期待できるのかを計画段階で十分に検討しておく必要があります。

社員研修の具体的な手法とは?

社員研修の目的に応じて、研修手法もより効果的なものを選ぶ必要があります。手法の分類方法もいくつかありますが、まずはOJTかOFF-JTとで二分して考えるとよいでしょう。

  • OJT(職場内訓練)
  • OFF -JT(職場外研修)

OJTは先輩社員や上司の指導の元、職場で実際に行われている業務を習得することが目的となる研修です。実務を通じて学ぶ手法のため、実践的な知識やスキルの習得に適しています。

一方で、知識やスキルを体系的にインプットする場合、OJTは不向きです。その場合、実務の場を離れて行う教育施策としてOFF-JT(職場外研修)が採用されます。なお、OJT以外の社員研修は昨今、社内リソースの最適化のため社外講師へと依頼するケースが多く見られます。

OFF-JTの手法も様々ですが、コロナ禍の影響から最近ではオフラインだけではなく、オンラインの社員研修も増えてきました。オンライン研修の場合、次の2種類の手法があります。

  • eラーニング(録画された動画の試聴がメイン)
  • オンライン研修(集合研修の内容をZoom等のツールを使い、リアルタイムで行う)

オフラインで集まる集合研修とオンライン研修の比較は別記事に詳しくまとめていますが、それぞれにメリット・デメリットがあります。

インプット主体の研修であれば、オンラインだと後から録画を繰り返し視聴できるため、より学習効果が期待できます。逆にロールプレイ主体の体験型学習やグループワークを重視した研修の場合は、受講者同士の交流が図りやすいオフラインの方が適しているでしょう。

いずれにしても、社員研修を実施する場合は、実施目的に合わせてより学習効率が高まる手法を選択するべきでしょう。

特に近年増加している社外研修の場合、講師の選定や事前打ち合わせの内容によって研修の質が大きく変わります。

そのため、研修会社を検討する際には、研修の実施目的をきちんとすり合わせた上で、適切な手法をきちんと提案してくれる相手かどうかを事前に確認することをおすすめします。

まとめ

本記事では様々な研修手法や注意点を紹介してきましたが、最も大切なのは「誰」に「何」を習得してもらいたいのか、そしてその社員研修を通じてどんな目標や成果を達成するかという点です。

社員研修とは、会社組織における人材教育への投資です。そのため、研修を実施して終わりではなく、投資対効果を綿密に計算しておく必要があります。

私達マーキュリッチでは、最も投資対効果が高い社員研修の一つとしてプレゼンテーションを通じた提案力強化の教育プログラムを提供しています。研修効果を最大化するため、コンサルティングや仕組みづくりとの掛け合わせをおすすめしておりますが、もちろん単体の研修でも柔軟に対応しております。

弊社はオフラインの集合研修はもちろんのこと、オンライン研修のノウハウも豊富に有しているため、お客様の目的に応じた研修手法をご提案可能です。

「現在の社員研修で本当に効果が出ているのか、よくわからない」
「社外に研修を依頼しているものの、費用対効果が見合っていない気がする」

など社員研修に関する疑問点やご不満を感じておられる方は、ぜひ一度弊社にご相談下さい。

貴社の課題をしっかりとヒアリングした上で、2003年の創業以来、社員研修を専門で行ってきたプロの目線から、投資対効果が確実に期待できる社員研修プログラムをご提案させて頂きます。

コンサルティング・研修に関するご質問・お問合せはお気軽にご連絡ください
(お電話の受付時間は9:00-18:00となっております)

電話を持つ女性
tel
お問合せはこちら