【Mercurich News!】新年のごあいさつ

■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□■   【Mercurich News!】新年のごあいさつ ■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□■ マーキュリッチの西野です。 ・・・

■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□■
   
【Mercurich News!】新年のごあいさつ

■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□■

マーキュリッチの西野です。

新年あけましておめでとうございます。
早速今年の目標設定をして、決意も新たにした方も多いかと思います。

昨年はどんな一年でしたでしょうか?

日本における、昨年の一大ニュースは、
やはり東京のオリンピック招致成功ですね。

特に、勝利の決め手になった、最終日のプレゼンは見事でした。

たくさんの日本人が、プレゼンテーションというもの注目したことは、
プレゼンテーション指導を専門にする当社にとっても、
非常に喜ばしいことでした。

後で振り返って、「2013年は日本にとってプレゼン元年だった」
と思うようになるかもしれません。

マーキュリッチとして、また私個人として、
昨年はたくさんのニュースがありました。

2003年に創業して以来、
昨年は最もchangeとchallengeの多い年だったと言っていいでしょう。

主に、2つの新しいことをしました。

1つは、私がMBAのコースを取り始めたこと。

年末年始も、休み返上で(ワークライフバランスが取れていませんが<笑>)、
せっせとAssignmentに励んでいました。

年末には、同じクラスの有志達と一緒にNew Businessを始めるための
プロジェクトを立ち上げました。

アメリカ人3人、タイ人、ブルガリア人と私の6人がメンバー。
国際色豊かなメンバーの中で どんなエキサイティングな展開になるか、
ワクワクしています。

もう1つは、マーキュリッチとして海外展開を始めたことです。

昨年3回アジアに行きましたが、行くたびに予想外のビジネスの広がりが
あり、おかげさまで特にシンガポールでは、ビジネスパートナーや顧客が
できつつあり、海外進出の足掛かりは掴めたと思っています。

3月には、すでに幾つかのセミナー・コンサルティングが決まっており、
今年は海外に行く機会がより一層増えそうです。

今からそれに備えて体力増強をしないといけないな、と感じています。

さて、2014年はどんな年になるのか?

 

マーキュリッチとしての一番の目玉は、
当社の副社長である野村尚義が本を出版することです。
http://www.strategic-presentation.com/profile/

タイトル・出版時期等はまだオープンにはできないのですが、
プレゼンテーションに関する画期的な一冊を出版予定です。

年末年始も休み返上で執筆を進めていたようです。

私もこれまで12冊の本を出したのでわかりますが、
1冊10万文字の原稿を産み出すというのは本当に苦しみを伴う作業。

普段、著者自身が考えていること・すでに手元にあることにも関わらず、
文章化しようとするとなかなか進まないものなんですよね。

ただ、産みの苦しみの後には、必ず著者自身は成長している。

そして、コンテンツが言語化されることで、
より一層再現性の高いノウハウに昇華されます。

野村いわく「今回の本は、しゃべるためのプレゼン本ではなく、
考えるためのプレゼン本」だとのこと。

今回の彼の一冊は、プレゼンテーションの世界をひとつ上のレベルに
持っていくものだと確信しています。

そして、それを当社クライアントの皆さまに還元できることを
本当に嬉しく思います。

上記出版以外のテーマで言うと、
「経営者向けプレゼン・コンサルティング」のより一層の充実でしょうか?

従来のクラスルーム型のセミナーに加えて、ここ数年お手伝いすることが
多くなっているのが、上記「経営者向けのコンサルティング」です。

社内であれ、社外であれ、経営者のプレゼンというのは、
きわめて重要で、その影響力も大きいものです。

それに対するニーズが高くなっていることは、
日本人のプレゼンに対する意識や気運が高まっていることの表れとも
言えるわけで、非常に喜ばしいことだと感じています。

こちらは、上記の海外展開に絡めて新しいビジネスを考え中です。

 

2014年は楽しみな年になりそうです。

本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

このページの先頭へ