from 西野浩輝

いきなりですが、質問です。

オンラインプレゼンにおいて、話すスピードは速い方がいいのか?ゆっくりな方がいいのか?

どちらでしょうか?

「少しスピーディに話した方がいい」と言う人と、「ゆっくりめに話してあげるべきだ」と言う人の両方が居て、迷う人も多いかと思います。

プレゼンテーションの専門家として、私の答えをお伝えします。

正解は、、、どちらでもない。

肩透かしを食らったような気になったかもしれません。もう少し詳細を話しますね。

早口が良くない理由

ひと言で言うと、聞き手がついて来られないから。

リアルに比べてオンラインでは、音声がクリアでなく、映像も見づらい。言わば、視覚的、聴覚的な制限によって、リアルより伝わる度合が落ちます。

その状況のもと、早口で話すと聞き手はあっという間に置いてきぼりになります。

これでは、大事なことが伝わりません。

では、「ゆっくり」が良くない理由は何なのか?

オンラインでは、臨場感・ライブ感がないが故に聞き手がすぐ退屈してしまうからです。

あなたは放送大学の講義を聞いたことがありますか?よく聞くとためになることを講義してくれているのですが、いかんせんほとんどの先生はゆっくり話しすぎています。

それが故に、あっという間に集中力が切れ、気づいたらウトウトして眠りに落ちることになるのです。

では一体どうすればいいのか?

答えは、「緩急をつける」です。

「ずっと早口」でもなく、「ずっとゆっくり」でもなく、それぞれの良いところ取りをしようということなのです。話す際は「ちょっと大げさかな?」と思うくらいに、大胆に「緩急」のコントラストをつけると効果的です。

バラエティ番組に出てくる芸人さんは相当オーバーアクションですが、それくらいをイメージすると、オンラインではちょうどいいと思います。

とりわけ大事なのが、「緩急」の「緩」パートです。大事なキーワードでスローダウンし、できれば大きめの声で話します。

そうすることで、「その言葉の重要性」が伝わり、ひいてはメッセージが届きやすくなります。それ以外の箇所でスピーディに話すと、聞き手がリズムよく退屈せずに聞くことができます。

以下の例をご覧ください。下線のところを大きく、ゆっくり話します。

 

重要な箇所では、大きく・ゆっくり話しましょう

そして、最重要な箇所では、繰り返す繰り返すさらに効果的です。

オンラインでは、強弱、そして何より緩急大胆につけるのがポイントなんです。

私の指導経験上、そもそもリアルのときから、9割近くの方は「強弱」と「緩急」が足りていません。

上記の例くらいの頻度で、大きくメリハリをつけて話すと、オンラインのときはもちろん、リアルのミーティングでも伝わり度合が格段に高まります。

「緩急」と「強弱」をつけて話すと、様々なシーンで効果性を高めるので、ぜひ意識して行うことをお勧めします。

西野浩輝写真マーキュリッチ代表取締役
西野浩輝
「人は変われる!」をモットーに年間150日の企業研修をおこなう教育のプロフェッショナル。トップセールス・経営者・外資系勤務など、これまでの自身の経験を活かして、グローバルに活躍できるプレゼンター人材の輩出に取り組んでいる。
西野著書写真

西野浩輝プロフィールはこちら