「その他研修」の記事一覧

ストーリーは「SMV理論」と「仮想敵」で語れ

印象的なストーリーには「選んだ題材をどのように語ると効果的か?」という、いわばストーリーの展開や表現における方法論が存在します。優れたストーリーを実現するコアとなる技術「SMV理論」と「仮想敵」についてストーリーテラーの西野が紹介します。

「実例ストーリー」と「妄想ストーリー」が聞き手の心をわしづかみにする

プレゼンテーションにおいて「ストーリーを語れ」というのは何度も聞いたことがあると思います。
とはいうものの、「どんなストーリーを語れば効果的なのか?」という疑問を持っている人も多いのではないでしょうか?そこで今回、特に西野がお勧めする2種類のストーリーをご紹介します。

神輿を担ぎたくなるプレゼンテーションとは何か?

「具体的に『神輿を担ぎたくなるプレゼンテーション』をするためにはどうしたらいいんでしょうか?」「神輿を担ぎたい」と思わせるプレゼンテーションには3つの要素が含まれています。「優れた経営者プレゼンテーションに仕立てるための秘訣」についてお話しします。

なぜ今トップのプレゼン力の重要性が増しているのか?

経営者に対するプレゼンの個別指導のお手伝いが急激に増えています。「週の半分が経営者のコンサル指導で埋まっている」なんていうときもあるくらいです。要は、それほど「プレゼン力を高めたい」と考えているトップが増えている証拠だと思います。周囲への影響力が高いトップが聴いている人の心を動かし、鷲掴みにする方法についてお伝えします。

マトリクス式社員教育法 ~現状に合わせて教育の仕方を大胆に変えているか~

後輩や部下が持つスキルと認識度合で指導方法は異なります。人間関係を円滑に保ちながら指導を行っていく事はビジネスシーンでは必須です。今回はスキルと認識度合をマトリクスにして指導方法をお伝えします。

30%ルールと3%ルールが、あなたの仕事を前に進める

仕事に優先順位を設ける方法は一般的ですが、ボリュームのある提案書やあまり得意ではない業務を効率的に進める為には取り掛かりのコツがいります。具体的に西野が行っている方法をここでは共有させて頂きます。

受講者の成長を引き上げる「研修日誌」

from 西野浩輝 メモをとる人は成長が速い 研修中の受講者の中には、メモをよくとる人と、あまりとらない人がいます。 私が13年間、研修講師を務めてきた経験でいうと、メモをよくとる人のほうが、研修で学んだことを自らの血肉・・・

米テンプル大学2015 卒業生代表スピーチ 西野浩輝

2015年6月7日、マーキュリッチ代表西野浩輝が米テンプル大学を卒業し、式典にて卒業生代表スピーチを行いました。スピーチ全文を日本語訳でお送りします。

Temple university Graduation 2015 speech

2015年6月7日、マーキュリッチ代表西野浩輝が米テンプル大学MBAを卒業し、卒業生代表としてスピーチを行いました。 その際の原稿をホームページにお越しいただいた皆さまと共有させていただきます(日本語版はこちら) &nb・・・

ドラッカー

【 研修効果定着化 】社内勉強会を用いて、自主的な学習力を高める

本日、ドラッカー勉強会というものに参加しました。 各自が図の書籍の該当ページを事前に読んできて、お互いの意見をディスカッションしあうというスタイル。 今回このやり方の中に、企業の研修後の効果定着化を実現するタネを見つけた・・・

大きな変革は、ちいさなひとりの本気から

組織に変革を起こすスタートとは? 本人の了承を得ていないので、かなりぼんやりと書きますが。。。 いま、組織変革を起こそうとしているある人を応援しています。 組織に改革を起こすのは、相当大変なこと。そして、多くの人がなかな・・・

200円のコーヒーとともに教えられた、プロ意識とは?

プロは場所を選ばない “プロは場所を選ばない”と考えさせられた、貴重な体験をしました。 マーキュリッチの営業として働いている私は、ホテル業界の出身です。 これまでにホテルオークラ東京、リッツカールトン大阪、リッツカールト・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ