AsiaX掲載記事『成功への道しるべ』第4回~英語プレゼンにおける正しい「Do’s & Don’ts」~

英語プレゼンをする際に日本人が思い込んでいる事実がいくつかあります。その事実は「正しい」のでしょうか?ネイティブの人がプレゼンする様子をみて同じように振る舞う事がbetterなのでしょうか。まずは英語プレゼンにおける正しい「Do’s & Don’ts」の理解が必要です。

Asiax4

 

弊社代表の西野がシンガポールの情報誌「Asiax」で『ビジネス4賢者が送る成功への道しるべ』で記事を連載しています。サイトを訪問してくださった皆さまに向けて、これまでの記事を随時更新していきます。

英語プレゼンのDo’s & Don’ts(「べし」と「べからず」)

いきなりですが、英語プレゼン理解度テストです。

以下のそれぞれのコメントに○×をつけてみてください。

・はじめに「自分は英語が下手である」ことを言っておいた方が誠意が伝わる
・英語プレゼンなので、はじめにジョークが言った方がいい
・話すことを全部スライドに書いて、それを読み上げた方がスムーズで、間違いもないので安全なやり方である
・まじめな内容を話すプレゼンでは、笑顔はなくてもよい

 

どうだったでしょうか?

 

答えは全て「×」です。1つずつ解説していきましょう。

×1.「英語が下手だ」という前置き

まずは、1つめの「英語が下手だ」という前置きに関して。実際、これを言ってから始める日本人は少なくないのですが、英語スピーカーからすると、言い訳がましくて、とても聞き苦しいそうです。

日本は「恥の文化」がとても強いため、こういったコメントは受け入れられるのですが、日本以外の国はほぼそれはありません。English Speakerの本音を言うと、「Do not make an excuse! Do your best!」なのです。この言い訳言葉が出そうになっても、グッと飲み込んでプレゼンを始めましょう。

 

×2.はじめに「ジョーク」を言う

2つめの「ジョーク」に関して。あなたがもし英語プレゼンにとても慣れていて、何の不安もないなら、ジョークから始めるのはいい潤滑油になります。ただし、ほとんどの日本人は、そんなに余裕はないはず。ジョークを言うことにエネルギーを使う代わりに、本当に大事なことに全力を傾けた方が賢明です。

ビジネスプレゼンの一番の目的は、相手を笑わせることでしょうか? 違うはずです。聞き手に納得してもらい、かつ満足してもらうことですよね。その大前提は、内容・ロジック・熱意がしっかりと聞き手に伝わることなのです。そこに全エネルギーを注ぐのがノンネイティブ・プレゼンの成功の秘訣です。

 

×3.「スライドに一杯書いてそれを読み上げる」 

3つめの「スライドに一杯書いてそれを読み上げる」やり方について。これも日本人がやりがちな間違いです。聞き手は、たくさんの字を読みながら、あなたの話を聞けるほど器用ではありません。がんばって、シンプルに図解しましょう。

「スライドに字があまり書かれていないと話すことを忘れてパニックするかも」という不安はよくわかります。だからこそ、リハーサル・練習するのです。 Practice makes perfect(練習は嘘をつかない)!

×4.まじめな内容に笑顔は不要

4つめの笑顔について。これは、日本人が頻繁にEnglish Speakerから指摘を受けるデリバリー(話し方)スキルの1つです。ビジネスにおいて、笑顔は「楽しい」と言う意味ではありません。「相手に対する敬意を表しているサイン」なのです。笑顔がないと、少し懐疑的・否定的な聞き手があなたのニュアンス間違って取ってしまうリスクが上がるのです。

例えば「熱意を感じさせないプレゼンだな」「そのつっけんどんな言い方はないだろう!」という言う風に。そのリスクを冒さないために頑張って笑顔をつくり、敬意・誠意を伝えましょう

 

上記でお話したように、日本語と英語のプレゼンはかなり常識が違います。ぜひ正しく英語プレゼンの「Do’s & Don’ts」)を理解して、プレゼンに臨んでください。

このページの先頭へ