出来る営業マンは同行営業を通じて異なる思考に触れることでステージアップを繰り返している

出来る営業マンは同行営業を通じて異なる思考に触れることでステージアップを繰り返している

出来る営業マンは同行営業を通じて自分と異なる考え方、伝え方、交渉の仕方などを吸収しています。またその時に受けたフィードバックを真摯に受け取め、自分の武器を増やしているのです。

出来る営業マンは同行営業を通じて異なる思考に触れることでステージアップを繰り返している 

from 西野浩輝

できる営業マンは話をするのも上手かもしれませんが、それ以上に人の話を聞くのが上手です。

少々むっとしてしまうようなことを言われても、その人がなぜそのようなことを言うのか、その意図を探りながらも、言われた内容を一度しっかりと受け止めるのです。中にはただの言いがかりというものもありますが、受け止めた上で取捨選択し、自分をより良くするために取り込んでいきます。

他者の世界から自分を見つめてみる

人間はどうしても、自分中心の世界観から完璧に抜け出すことはできません。

それは自分の考えでしか、思考できないからです。

できる営業マンに限らず、本当に「この人凄いな~」と思える人は、他人の意見に耳を傾ける人たちです。他者の考えに触れることで、全く違う世界が見えることがあるからです。

例えば以前、仕事のことで悩んでいた時期があったのですが、親しい友人からとても羨ましがられたことがありました。私としてはとても辛いときだったのですが、その友人の言葉に世界が逆転し、大きく前進できるきっかけになったのです。

友人は、私に向かって「仕事に悩めるなんて最高じゃないか!今抱えている問題をクリアーしたら、更に上のステップで仕事ができるようになるんだよ」と言ったのです。

まさに目から鱗でした。

「そうか!ここで頑張れば、もっと凄い仕事ができるようになるんだ」と思い、急に世界が明るくなったことを今でも忘れられません。

営業同行は世界を広げてくれる

営業に上司や同僚、関連部署の担当者たちに同行してもらい、後で自分の営業に対する意見を求めるのです。他者の思考を借りて、自分では気付けない自分を見つけるのです。

常にベストを尽くしているつもりでも、そう評価しているのは自分自身の思考です。他者の思考で捉え直すことで、違う世界が見える可能性があるのです。

違う世界が見えたなら、謙虚にそれを受け止めましょう。吸収しましょう。より高いステージに上がることが出来ます。

他者の言葉に、時には腹を立てたくなる時も必ずあります。腹を立てたくなった時こそ、あなたにとって重要な瞬間だと思い、冷静になりましょう。

プライドが傷付くと自己防衛本能で腹が立つのです。

自己防衛本能が働くときこそ、自分の思考では見えない自分自身が露になっている瞬間なのです。まさに、お宝をゲットできる瞬間です。

西野浩輝写真マーキュリッチ代表取締役
西野浩輝
「人は変われる!」をモットーに年間150日の企業研修をおこなう教育のプロフェッショナル。トップセールス・経営者・外資系勤務など、これまでの自身の経験を活かして、グローバルに活躍できるプレゼンター人材の輩出に取り組んでいる。
西野著書写真

西野浩輝プロフィールはこちら

このページの先頭へ