出来る営業マンはプレゼンテーションの場面で笑顔を上手く使って、言いにくい事をストレートに伝える技術を持っている

出来る営業マンはプレゼンテーションの場面で笑顔を上手く使って、言いにくい事をストレートに伝える技術を持っている

お客様や上司に言いにくいことを相手の気分を害すことなく伝えられたら。そう思った事はありませんか?その時に必要となるのが「笑顔」です。

出来る営業マンはプレゼンテーションの場面で笑顔を上手く使って、言いにくい事をストレートに伝える技術を持っている

from 西野浩輝

プレゼンテーションは伝えたい意図を明確にして、分かり易くかつ印象深く(記憶に残り易く)設計するものです。そのためには様々な事柄に配慮して、言葉を濁す様なことはしてはいけないと理解できるでしょう。

政治家のように当たり触らずの表現を使っていては、プレゼンテーションとしては、大失敗です。

言いたいことを直接的に表現する

例えば「Aが最善の方法だ」ということを伝えたいとしましょう。そこで次のような表現を使ったらどうでしょうか。

「A、B、Cという選択肢があり、Aが可もなく不可もなく、Bは効果的という意見がある一方コストに難がありそうで、Cには少数ながら強い支持があります。それぞれ良いところとそうでないところがありますが、様々な観点から申し上げると、無難なのはAを選択することではないかと申し上げておくのが、現状であります」。

これを聞かされた相手は、お経のように流れていく言葉を心に留めることはないでしょう。このようなプレゼンテーションでは、上手くいくことはあり得ません。

 

では、どのように表現すれば良いかと言うと、次のような表現になるでしょう。

「A、B、Cの選択肢の内、この件についてはBとCは論外です。Bはコストが高過ぎて利益を出せません。Cのやり方は世間を敵に回す可能性があります。ここは、世間から認められるAの方法で利益をしっかりと計上すべきです」。このような話し方ができれば一発OKとなるはずです。

最初に紹介した表現は、あまりにもたくさんのものに気を使い過ぎています。その結果、言いたいことがストレートに伝わらないのです。なので、言いたいことははっきりと伝えてしまうことです。

笑顔の必要性

言いたいことをはっきりと言うと、角が立つと心配される方もいるでしょう。確かにその恐れはあります。

しかし、言いたいことが伝わらないプレゼンテーションでは意味がありませんよね。

そこで、大事なのが笑顔です。

テレビで辛辣なことを言いながらも、人気のある芸能人の方々は、皆さん笑顔が素敵ですよ。きつい一言を言い放った後、一瞬の間、そして素敵な笑顔。言いたいことをはっきり言い、相手に直球を投げ込みながら、その場の雰囲気を和ませるのは、あなたの笑顔です。プレゼンテーションでは、笑顔が非常に意味を持つのです。

それは「良い人」を演じるためではなく、あなたの直球スタイルを受け止めてもらうためなのです。

直接的表現は、一種の「圧力」となります。その圧力に対して相手は、逃げ出すか、戦いを挑むかという選択を迫られます。それは「恐怖」を感じて防衛本能が働くからです。

しかし笑顔が加わると、恐怖が消えて「受け入れ態勢」に変わるのです。

西野浩輝写真マーキュリッチ代表取締役
西野浩輝
「人は変われる!」をモットーに年間150日の企業研修をおこなう教育のプロフェッショナル。トップセールス・経営者・外資系勤務など、これまでの自身の経験を活かして、グローバルに活躍できるプレゼンター人材の輩出に取り組んでいる。
西野著書写真

西野浩輝プロフィールはこちら

このページの先頭へ