【終了しました】無料体験会 1/29(水) ライティング研修

「何を言いたいのか、まるで伝わってこない。解読するのが大変過ぎる。これはパズルか!」 部下・後輩が書いた報告書を見てそう思った経験はありませんか? 「提案の魅力が、この提案書からは見えない。 なぜ、こんなにありきたりな提・・・

ライティング_イベント

「何を言いたいのか、まるで伝わってこない。解読するのが大変過ぎる。これはパズルか!」

部下・後輩が書いた報告書を見てそう思った経験はありませんか?

「提案の魅力が、この提案書からは見えない。
なぜ、こんなにありきたりな提案書になってしまうのか?!せっかくの案件も取れないぞ」

お客様に提出する提案書をチェックしてそう頭を抱えた経験はないでしょうか?

上司・先輩としてありがちな光景。このようなとき、私たちは書き手である部下・後輩に対して、
精神論でアドバイスしてしまいます。

もっと、読み手のことを考えて書きなさい
もっと、情報を整理して書きなさい
もっと、読み手が読みたくなるように書きなさい
もっと、結論がわかるように書きなさい
もっと、他社の提案との違いを明確にしなさい

どれもこれも正論ではあるのですが、それだけを聞いても部下は困ってしまいます。
自分なりに、そうやろうと努力した結果が、あなたに出したドキュメントなのですから。

できれば上司・人材育成のご担当として、具体的な方法論を提示したいとは思いませんか?

そんなときにご活用してほしいのが、このライティング研修です。
この研修では、再現性のある技術として、書く力を学んでいただきます。
もし、あなたの部下が、御社の社員が以下のような課題にぶつかっているとしたら、
ぜひ体験会に参加し、研修を味見してみてください。

たとえば報告書が

□ 内容が言葉足らず・あるいは情報過多
□ 情報が行ったり来たりで、理解しにくい
□ つくるのに、あまりに時間がかかる

たとえば提案書が

□ 過去の提案書の焼き直しになっている
□ 顧客の課題について深掘りができていない
□ 提案内容がありきたりで、競合も同じようなことを書いてきそうだ
□ 言葉・内容が専門的で、専門知識のある担当者以外には伝わらない
□ その割に、提案書作成に時間がかかる

研修で、論理構造を良くするコツや、読み手を理解する方法を学べば、上記のような課題から解放され「ドキュメント作成の努力が報われる」仕事生活に変わります。
「社員に成長の機会を与えたい。社員にもっと仕事で活躍してもらいたい」という人材育成ご担当者様のご参加をお待ちしております。

開催概要

開催日

2014年1月29日(水)13:30 – 17:00 (13:10開場)

場所

東京都千代田区神田錦町3-21
ちよだプラットフォームスクウェア(クリックすると地図が表示されます)
(竹橋駅 より徒歩2分/神保町駅 より徒歩7分/大手町駅 より徒歩8分)

参加費

無料

対象者

企業経営者、企業の人事担当者など、 研修導入を検討する立場にある方。
もしくは、その代理の方。

お申し込みはこちら

このページの先頭へ