「専門コラム」の記事一覧(2 / 11ページ)

優れたビジネスパーソンは思いついたアイデアに予想される問題点と対応策をもって会議に臨む

優れたビジネスパーソンは思いついたアイデアに予想される問題点と対応策をもって会議に臨む

会議=長い。という公式が成立している企業は多いのではないでしょうか。結論を求めないアイデア出しの会議でない限り、結論を導くための準備を各々がする必要があります。

出来る営業マンは他人の知識と技術を上手く利用し、本来の役割に集中することに専念している

出来る営業マンは他人の知識と技術を上手く利用し、本来の役割に集中することに専念している

出来る営業マンはお客様の役に立てることに注力しています。自分で勉強すれば出来るであろう事務作業や専門技術などは内容を把握しつつ、それを専門としている人に託し協業することで最大の効果を発揮しているのです。

出来る営業マンはお客様が話す内容をそのまま受け止める事で相手を尊重している

出来る営業マンはお客様が話す内容を「そのまま受け止める事」で相手を尊重している

お客様が話してくれる内容を既にあなたが知っている内容だった場合「その話を知っていますよ!」という態度を取っていませんか?相手をそのまんま受け入れる事が尊重の表し方でもあります。

紹介をしてもらったお客様に、別のお客様を早めに紹介してもらう理由

紹介をしてもらったお客様に、別のお客様を早めに紹介してもらう理由

紹介を中心にビジネスを展開している人の特長として初動が早いという事があります。これはお客様が「良い!」と感じる初期の段階で、次の人を紹介してもらっているからなのです。

トップ営業マンは親近感と信頼感の2つを兼ね備え、場面に応じて切り替える事を意識している

トップ営業マンは親近感と信頼感の2つを兼ね備え、場面に応じて切り替える事を意識している

お客様とは対等な関係でいたいものですね。トップ営業マンと呼ばれる人たちは親しみやすさと頼もしさが同居していて、お客様は相談したくなるそうです。

メールで真意を伝える際は、5W1Hを意識した丁寧な文章を送る事で双方の理解を一致させる

メールで真意を伝える際は、5W1Hを意識した丁寧な文章を送る事で双方の理解を一致させる

メールで真意を伝える時、なるべく誤解がないように丁寧に書くことが求められます。ただ、回りくどく慇懃無礼な文章になっては相手に伝わるどころか混乱を招く恐れがあります。

ビジネスを継続、発展させるのが上手い営業マンは「お礼状の送付」が習慣化している

ビジネスを継続し発展させるのが上手い営業マンは「お礼状の送付」が習慣化している

ビジネスでお世話になった人にお礼状を出していますか?成約頂いたお客様はもちろん、初めてアポの時間をいただいた時や別のお客様を紹介してもらった時など感謝の気持ちを伝えることをはじめましょう。

成長し続ける営業マンは、常に挑戦しブレイクスルーを体感している

成長し続ける営業マンは、常に挑戦しブレイクスルーを体感している

何事も初めての事に挑戦することは非常に勇気がいることです。自信が持てるようになったらチャレンジしよう、と後回しにすると機会はなかなか訪れません。

出来る営業マンはお客様へ最高のサービスを提供するために、社内コミュニケーションを円滑に行っている

出来る営業マンはお客様へ最高のサービスを提供するために、社内コミュニケーションを円滑に行っている

社内営業という言葉を耳にすると反射的に「上司に媚びたくない」と言う人がいます。いいえ、そうではありません。社内コミュニケーションを円滑にする事でお客様へより良いサービスを提供する事が出来るのです。

リハーサルをする事で話す内容が頭と体に浸透し、余裕を持ったプレゼンテーションを行う事ができる

プレゼン時に緊張してしまう方の共通点にリハーサルをほとんど行っていない事が挙げられます。リハーサルを繰り返し行う事は、内容を覚えるだけでなく心の余裕を生み出します。

出来る営業マンはセミナーや研修に参加する目的を考え、意識をもって臨むことで自分のものにしている

出来る営業マンはセミナーや研修に参加する目的を考え、意識をもって臨むことで自分のものにしている

当事者意識はセミナーや研修を受講する際も必要です。講師が話す内容をいかに自分の事として受け止めるかで受講した価値が変わります。

営業マンは過去の実績を分析し、自身のスタイルを組織内で共有して売上アップを図ろう

営業マンは過去の実績を分析し、自身のスタイルを組織内で共有して売上アップを図ろう

営業の経験値が上がると自ずと営業スタイルが定まり成功事例が増えていきます。この成功事例を分析し組織内で共有することで組織として売上アップにつなげる事ができるのです。

抜きんでた営業マンは、戦略をもって営業活動を行い長期的な取引成立を目指している

抜きんでた営業マンは、戦略をもって営業活動を行い長期的な取引成立を目指している

営業は足で稼ぐといわれているように、地道な活動を行っています。ただし営業の基本的な思考と活動が身についたら、次は戦略的な営業を行う事にシフトしなければなりません。

生産性や創造性を高めるために、営業マンは集中する時間「オン」と休息の時間「オフ」をコントロールする

生産性や創造性を高めるために、営業マンは集中する時間「オン」と休息の時間「オフ」をコントロールする

人が集中できる時間は限られています。集中している時間=オンの状態と考えると、自然とオフになっている時間があるはずです。効率を高めるためにはオンとオフを意図的にコントールする必要があります。

トップ営業マンと話す機会が持てたら、インタビュアーのように準備をし積極的に質問をしよう

トップ営業マンと話す機会が持てたら、インタビュアーのように準備をし積極的に質問をしよう

各業界のトップ営業マンと話をしたことはありますか?お会いする機会があったら積極的に質問できるように準備をしておいてください。体験談はもちろん、物腰、話し方など学べるところがたくさんあるはずです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ