ロジカルプレゼンテーション研修

ロジカルプレゼンテーションtop
020502-text

たとえば、上司が部下に状況報告を求めたシーン。部下の話がわかりにくくなる2大要因がこれです。

●周辺情報ばかりを並べていて、結局何が言いたいのか伝わらない
●メッセージにロジックが通っておらず、なぜその結論になるのかがわからない

こうしたことが起こるのは、話し手自身が自分の考えをまとめられていないから。話し方・伝え方の前に、この『考えをまとめる方法』を知る必要があります。ロジカル・プレゼンテーション研修の狙いは、「わかりやすい話し方・伝え方」に加えて、「前提となる自分の考えのまとめ方」を身につけてもらうことにあります。

ロジカルプレゼンテーション研修では

論理的プレゼンテーションの三層構造をステップバイステップで身に着ける

ロジカル・プレゼンテーション研修では、「思考力」「表現力」「理解力」の3つのフェーズに分けて、ワークとエクササイズを交えながら、総括的なプレゼンテーションが出来るように設計されています。

ロジカルプレゼンテーションのプログラム構成

研修の特長

自分の考えを論理的に表現できるようになります

020506-eyecatch考えを論理的にまとめるための効果的な思考ツールにロジックツリーがあります。
ロジックツリーの思考法が身につけば、結論とそこに至るロジックが明確にわかるようになります。この研修では、ロジックツリーに基づいた思考法を、講義と繰り返しの演習を通じて、ビジネスの現場で活かせるレベルまで学び取ってもらいます。

聞き手に負荷をかけない話し方が身に付きます

020508-eyecatch論理は完璧なのに、話はわかりにくいという人も少なくありません。そういう方は、考え方ではなく、話し方・伝え方を学ぶ必要があります。
聞き手にとってわかりやすい話し方とは、聞き手に負荷をかけないようにケアされた話し方のこと。
この研修では、具体的にどうすれば聞き手に負荷をかけずに話せるかということを学んでもらいます。

他者とのコミュニケーションロスが激減します

020510-eyecatch上記3つの「考え方」「話し方」「聴き方」を身につけることによって、自分と相手の間で起こりうる認識のギャップが驚くほど激減します。
すると短時間でお互いの認識を共有することができ、様々なビジネス上のコミュニケーションを円滑化することが可能となります。

ゴールと効果

「考える力」「話す力」「聴く力」が総合的に高まる

自分の考えを相手に理解してもらい、認識の共有を図るためには、物事を論理的に整理して相手に伝える力が不可欠です。その上で相手の話のポイントを的確に読み取る力を身に付ければ、ビジネスコミュニケーションを飛躍的に円滑とすることができます。「考える力」「話す力」「聴く力」の3要素を鍛えることで総合的なコミュニケーション能力を高めていきます。

ロジカルプレゼン力を自力で伸ばせるようになります

研修中に分析眼(自分のプレゼンを客観的に分析する力と、他者のプレゼンを分析する力)を修得することによって、研修が終わったあとも自己と他者のプレゼンを通じて自力でプレゼン力を高めていくことができるようになります。

こんな方にオススメ

○物事を論理的に整理して考えるのが苦手な方
○話の要点や筋道がわかりにくく、話が長くなりがちな方
○論理的思考力がゆえに、話の内容が難しくなりがちな方
○頭の中の思いや考えを、うまく言葉にして出せない方
○伝達・報告時に言葉足らずで誤解やトラブルを招きがちな方
○提案やプレゼンで相手を納得させる話し方が苦手な方
○相手の立場や状況に合わせた話し方・伝え方ができるようになりたい方

研修受講者の声

今まで何も考えずに話していたのに気づかされた

今まで何も考えずに話していたのに気づかされた。話し方で相手に誤解を与えたり、また伝わっていなかったりしていた、だろうと思う。
自分の思考や、表現を今回教わった方法でぜひとも実行に移していきたいと思う。また、仕事に対する取り組み方もポジティブに変わっていけると思う。

「いかに上手く話すか」が一番のポイントだと思っていたので、考え方を変えるきっかけとなりました

プレゼンテーションをテーマ・構成・表現方法・動作に至るまでこと細かに指導していただき、感謝しています。自分自身、「プレゼンはいかに上手く話すか」が一番のポイントだと思っていたので、その考え方を変える大きなきっかけとなりました。
それぞれの練習がただやるだけではなく、何のためのトレーニングなのか「ここに注意してやってみる」と適切に指示されていたので、効果的だったと思います。

btn-other-voice

講師紹介

プレゼンテーション研修においては、講師自身が高いプレゼン能力を持ち、講義内容を実践できることが極めて重要になります。実際に講師がプレゼンをしている姿を見ることで、受講者は腹に落とすことができるからです。

西野浩輝写真マーキュリッチ代表取締役
西野浩輝
「人は変われる!」をモットーに年間200日の企業研修をおこなう教育のプロフェッショナル。トップセールス・経営者・外資系勤務など、これまでの自身の経験を活かして、グローバルに活躍できるプレゼンター人材の輩出に取り組んでいる。
西野著書写真

西野浩輝プロフィールはこちら

prof-01マーキュリッチ取締役
野村尚義
10年間で12,000人のプレゼンを指導してきたプレゼン・アドバイザー。いつも選ばれ続けるトップ1%のプレゼンの分析から、成果直結型のメソッド"ダイヤモンド・プレゼンテーション戦略"を体系化し、それを用いた指導をおこなっている。
野村著書写真

プロフィールはこちら

研修の検討・導入プロセスについて

研修導入のプロセス

研修の検討・導入プロセスの詳細はこちらのリンク先をご覧ください

コンサルティング・研修に関するご質問・お問合せはお気軽にご連絡ください
(お電話の受付時間は9:00-18:00となっております)

電話を持つ女性
tel
お問合せはこちら

このページの先頭へ