「ニュース・トピックス」の記事一覧

マトリクス式社員教育法 ~現状に合わせて教育の仕方を大胆に変えているか~

後輩や部下が持つスキルと認識度合で指導方法は異なります。人間関係を円滑に保ちながら指導を行っていく事はビジネスシーンでは必須です。今回はスキルと認識度合をマトリクスにして指導方法をお伝えします。

30%ルールと3%ルールが、あなたの仕事を前に進める

仕事に優先順位を設ける方法は一般的ですが、ボリュームのある提案書やあまり得意ではない業務を効率的に進める為には取り掛かりのコツがいります。具体的に西野が行っている方法をここでは共有させて頂きます。

組織の業績アップは、職場のコミュニケーションにあり  ~若手のビジネスパーソンを見ていて、私が最近気になること~

クライアントとの商談では自社製品のサービス内容だけでなく、事例を語れることが大きなポイントになってきます。トップ営業パーソンはクライアントのあらゆる状況に応じて豊富な事例から適したケースを提供しています。事例が語れる人とそうでない人の違いは一体どこからきているのでしょうか。

リーダーのプレゼンは、キング牧師とオバマに学べ

経営者やマネージャーは人を動かす「言葉の力」が必要です。多くの経営者やエグゼクティブに対してプレゼンの指導を行う西野から、手本となるリーダーのプレゼンを基にヒントをお伝えします。

採用面接における「30個質問」は効果的

採用面接という限られた時間で、応募者も面接官も互いを理解する事は非常に難しいことです。弊社が応募者を深く知るためにおこなった「30個の質問」について共有したいと思います。

弊社副社長がFMかわさきに登場しています。

FMかわさきにプレゼンテーション指導の専門家として登場した野村。御社の法則・お医者の法則という2つの法則で、提案を通す秘訣をお伝えしています。

2017年以降のプレゼン界の潮流を読む ~キーワードは、3つのEから

2017年以降のプレゼン界の潮流を読む ~キーワードは、3つのE~

日本のプレゼンテーションの潮流に、明らかな変化が訪れつつあることを象徴する出来事がありました。この変化は3つの「E」をキーワードに今後進んでいくと弊社代表の西野は考えています。

意外と大事!研修スタート時の挨拶 3つのポイント

研修スタート時の挨拶で研修効果の後押しをする3つのポイント

私たちが研修を行う際に担当者の方が開講の挨拶をなさいます。この挨拶が研修のティーアップとして非常に重要な役割を持っています。今回はどんな観点で話して頂くのがベターかをお伝えします。

教育プログラム構築 6BOX活用のススメ

『いかに成果につながる教育テーマを構築するか?』これを考えるのはとても脳のエネルギーが必要ですよね?研修体系見直し・再構築にお役立てください。

プレゼン実践勉強会レポート vol.1

先月からスタートしたプレゼン実践勉強会MVP。
好評をいただき第2回目を10月18日に開催することが決定しています。もう少し詳細を教えてもらえませんか?というご質問を多く頂きましたので、1回目の様子を映像と併せてご紹介させて頂きます。

若手社員向けのスピーチでは、自分の未熟だった時代からの成長を語る

役職者ともなれば若手社員に対して講和・スピーチの機会もあるでしょう。そこで気付かぬうちにやってしまうのが「上から目線」のスピーチ。そうならないためにお勧めするのが、自分自身の成長ストーリーを語ることです。

プレゼン速筋を鍛えれば、どんな質問にも評価アップの答えが返せる

プレゼンも筋肉と同様に鍛えられることを、知っていますか?
プレゼンの専門家である西野が、早朝に行っているトレーニングについてご紹介します。

今の仕事を天職だと思う理由

マーキュリッチ代表の西野が研修講師を天職だと感じる瞬間について、皆様へお伝えします。

米テンプル大学2015 卒業生代表スピーチ 西野浩輝

2015年6月7日、マーキュリッチ代表西野浩輝が米テンプル大学を卒業し、式典にて卒業生代表スピーチを行いました。スピーチ全文を日本語訳でお送りします。

【2018年5月更新】メディア掲載一覧

2018年掲載 マナトピ 5月15日掲載 生涯学習ユーキャンが提供する学びのポータルサイト「マナトピ」にて、弊社代表の西野がビジネスパーソンに向けたノウハウについて取材をうけました。 ビジネスパーソンに必要だと言われてい・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ