モチベーションの維持を図るには、最小単位で目標を立てること

モチベーションが下がる時は目標を見失っている可能性があります。もしくは目標が大きすぎて息切れを起こしているかもしれません。最小単位の目標を立てる事で達成感とモチベーションの維持を図ることが出来ます。

shutterstock_388326328 

from 西野浩輝

ビジネスにおいて、プロジェクトの達成には工程表が欠かせません。終わりが見えなければ、仕事の段取りが出来ないからです。

いつまでに何をやることが必要なのか、そこを明確にする必要があります。更に言えば、スモールステップの設定をすることで、モチベーションを維持できるのです。

仕事にモチベーションは必要なのか

鳥取砂丘でもゴビ砂漠でも良いのですが、そこの砂粒を数えるという仕事があったとします。どうですか。やれますか?

いつ終わるのか分からないこの仕事を、毎日一生懸命努力するのは無理でしょう。やってられません。どんなに頑張っても、途中で投げ出してしまうはずです。

しかし、毎日3万粒の砂粒を集めるということであればどうでしょう。これなら何とかやれますよね。

この例は非常に極端ですが、仕事の基本を明確に示しています。到達点が見えないと、モチベーションが維持できないのです。

テレアポの目標設定の重要性

仕事には到達点を明確にして、モチベーションを維持することが必要です。

営業の仕事に落とし込んで考えてみると、到達点はどこにあるのでしょう。

それは売上目標から逆算していきます。売上達成のために必要なアポイント数、そのアポイント数を得るためのテレアポ件数、そして一日にやるべきテレアポ件数となります。

ここまでスモールステップを設定すれば、モチベーションを下げずに取り組めるはずです。

スモールステップの重要性

大きな目標は会社や部署、もしくは上司が設定してくれるでしょう。

大きな目標は、日々の営業活動と直結できるものではありません。根性だけで立ち向かうにも、精神的負担が大き過ぎます

そこで、目標を小さく分けて達成感を積み上げていくのです。

大きな目標を目指して、できなかったという思いを重ねるよりも、小さくてもできたという思いを重ねることの方が、ポジティブに目標に近づけます。

断られる可能性が高いテレアポでも、このようなスモールステップを設定すれば、ネガティブにならずに明るく元気な電話をかけることができます。その結果アポイントが取れる可能性も高まるのです。

西野浩輝写真マーキュリッチ代表取締役
西野浩輝
「人は変われる!」をモットーに年間150日の企業研修をおこなう教育のプロフェッショナル。トップセールス・経営者・外資系勤務など、これまでの自身の経験を活かして、グローバルに活躍できるプレゼンター人材の輩出に取り組んでいる。
西野著書写真

西野浩輝プロフィールはこちら

このページの先頭へ