【PDCAの配分】行動力のある営業マンは時間の10%を「Plan」と「Check」に充てることで「Do」の効率がアップする

【PDCAの配分】行動力のある営業マンは時間の10%を「Plan」と「Check」に充てることで「Do」の効率がアップする

Planがどんなに素晴らしくてもDoがなくては意味がありません。行動力(Do)がある人は更なるステップアップを目指して、PlanとCheckに時間を使いましょう。

【PDCAの配分】行動力のある営業マンは時間の10%を「Plan」と「Check」に充てることで「Do」の効率がアップする 

from 西野浩輝

営業に関わらず仕事を始めた頃は誰しも、猪突猛進的になってしまうことがあります。状況が分からないので、とにかくがむしゃらに頑張るしかない。そんな経験は誰にもあるでしょう。

もしかすると、今でもそういうスタイルの仕事をしている人もいるかもしれません。

最初にはっきりと言っておきますが、行動できない人と比べたら、まず何でもやってみる人の方がはるかに立派です。

デスクの椅子に座ったまま、評論家のように「あ~でもない、こうでもない」と批評し、自分で動けない人は残念な人です。

猪突猛進型の人には、より高いステージで仕事ができる可能性があるのです。

仕事のステージを上げる

行動力がある人ならば、今後は自分の仕事を「Plan・Do・Check」の三段階で捉え直してみましょう。

今までは「Do」が100%だったのを、90%にするのです。そして10%を「Plan」と「Check」に充てるのです。

そう、たった10%だけ仕事のやり方を変えるだけで、ステージアップできるんですよ。

一日の最初に、「今日は何をするのか」を書き出して明確にする。

そして一日の終わりにできたのか、できなかったのか、予定通りなのかそうでないのか、何が原因で上手くいったのか、何が原因で上手くいかなかったのかを振り返る時間を作るのです。

ステージアップに必要なことはこれだけです。毎日これを繰り返していくと、「あっ!こうすれば上手くいく」とか、「これは○○に気を付けないと失敗する」ということが明確になってきます。そうすると、自然と「Do」の効率が上がるのです。

更にこの習慣が身に付いたところで、「Check」の際に一日の時間の使い方を振り返るようにします。すると、この仕事は先にやらないと翌日に持ち越してしまうとか、移動時間を少なくする仕事の順番等の工夫ができるようになります。

PDCA

最近は、「Plan・Do・Check」に「Act」を加えて「PDCA」という表現を使うことが多くなりました。「Act」は実際に改善する行動を意味します。

いくら「Check」しても実際に「Act」しなければ意味が無いという意識付けのためです。

しかし冒頭でお伝えしたように行動力ある人であれば、「Act」を特に意識せずとも自ら行動できるでしょう。「行動力」というのは、それほど素晴らしい能力なのです。

「自分は体が資本で、走り回ることしか能が無い」というように謙遜される方は、実はすごい能力を秘めているのです。

一日の労働時間の10%を変えるだけで、できる営業マンに変身できるのです。行動力に自信のある人は是非チャレンジしてみてください。

行動力にやや自身の無い人は、最後の「Act」を特に意識するのです。それさえできればステージアップ間違いありません。

 

西野浩輝写真マーキュリッチ代表取締役
西野浩輝
「人は変われる!」をモットーに年間150日の企業研修をおこなう教育のプロフェッショナル。トップセールス・経営者・外資系勤務など、これまでの自身の経験を活かして、グローバルに活躍できるプレゼンター人材の輩出に取り組んでいる。
西野著書写真

西野浩輝プロフィールはこちら

このページの先頭へ