優れたビジネスパーソンは思いついたアイデアに予想される問題点と対応策をもって会議に臨む

【残席僅少】7/16(木) 『ロジカル・プレゼンテーション研修』紹介セミナー【オンライン開催】

論理的な情報伝達は、コミュニケーションの屋台骨です ビジネスの要になるのがロジカルプレゼンテーション 自分が伝えたいことを頭の中で十分に整理したうえで、相手にとってわかりやすく話す。 いわゆるロジカルな伝達スキルは、ビジ・・・

top_english

論理的な情報伝達は、コミュニケーションの屋台骨です

ビジネスの要になるのがロジカルプレゼンテーション

自分が伝えたいことを頭の中で十分に整理したうえで、相手にとってわかりやすく話す。

いわゆるロジカルな伝達スキルは、ビジネスにおいて必須の能力です。

これができなければ、上司への報告は誤解して伝わります。
顧客との商談では時間オーバーで途中で打ち切られてしまいます。
会議では「なぜ、そんな話を混ぜ返す?」と周りの時間まで奪ってしまいます。

他の力が高くとも、ロジカルな伝達力なしには活かすことができません。

ところが多くのビジネスパーソンは、論理的に考え、わかりやすく話すための専門トレーニングを受けていません。

そのせいで時間も成果も無駄にしている。とてももったいないことです。

ロジカルな情報伝達とは、2つの力からなる

自分が伝えたいことを、整理して筋道だてて話すことができる人は、大きく2つの力を備えています。

1.自分の考えを頭の中で論理的にまとめられる力。
2.頭の中でまとめたことを、相手にわかりやすく話せる力です。

つまり論理的に考える力わかりやすく伝える力の両方を備えているわけです。

論理的思考力が備わっていなければ、どんなに一生懸命話したとしても、
「結局、何が言いたいのかよくわからない」
「話が飛躍しすぎていて、なぜその結論になるのか理解できない」
といった印象を相手に抱かせてしまいます。

一方、論理的に考える力はあっても、伝える力がなければ、
「確かに論理的ではあるけれども、話が複雑すぎたり難しすぎて、すぐには理解できない」
といった戸惑いを、相手に抱かせるような話し方をしてしまいがちです。

そこで当社のロジカルプレゼンテーション研修では、

「自分の考えをまとめる力」
「自分の考えをわかりやすく相手に話す力・伝える力」の両方の力を身につけることを狙いとしています。

なお、当紹介セミナーでは、当社取締役の野村尚義が登壇し、進行させていただきます。

お申し込みはこちら

紹介セミナーの概要

研修テーマ

ロジカル・プレゼンテーション研修

開催日

2020年7月16日(木)14:00 – 16:00

参加方法

ZOOM ※お申込み頂いた方に別途入室のURLをお知らせします。

参加費

無料

対象者

企業経営者、企業の人事担当者など、 研修導入を検討する立場にある方。
もしくは、その代理の方。

お申し込みはこちら

このページの先頭へ