from 西野浩輝

多くの企業では、新入社員や既存社員に対する教育の場として研修制度を設けています。研修を実施する際には、社内で企画・開催する社内教育と社外の講師や専門組織に依頼する外部研修があります。

社内研修と外部研修は、どちらを選んでもそれぞれメリット・デメリットがあります。昨今では外部研修を採用する企業が増えていますが、双方の特徴を正しく理解した上で、自社に合った方法を選ぶべきでしょう。

自社の研修体制を見直している経営者の方や、効果的な社員教育に悩まれている人事担当者や管理職の方向けに、社内研修と外部研修のメリット・デメリットを詳しくご紹介します。

社員研修をなぜ行うのか?:社員教育の目的とゴールの設定

社内研修と外部研修のメリット・デメリットの前に、最初に確認しておきたいのが社員研修の目的です。社員研修は主に以下の3点いずれかの目的のために実施されます。

1. 社員のスキルアップや学びを深めるため
2. 組織の一体感や社員間の理解を促進するため
3. 会社の組織文化を向上させるため

1の代表例は、プレゼンテーションや営業力など特定のスキルに限定したスキルアップ研修でしょう。2であれば、入社したての社員に実施する新人研修がイメージしやすいかもしれません。また3は、管理職の人材育成能力を伸ばすマネジメント研修などが該当します。

いずれにしても、社員教育の計画を立てる際には、誰(社内の階層や担当業務等)に対して何の研修を行うのか、その目的とゴールを明確化する必要があります。その上で、社内研修と外部研修どちらが適切かを検討しましょう。

社内研修と外部研修のメリット・デメリット比較

社内研修と外部研修では、どちらがいい悪いではなく、それぞれ特徴が異なります。研修の目的やゴールに応じて2つの手法を使い分けることで、社員教育をより充実させることができます。

それぞれのメリット・デメリットを詳しく見ていきましょう。

社内研修のメリット・デメリット

社内研修の場合、講師役を担うのは主に、自社の人事部社員や管理職です。そのため、企業のビジョンやミッション、会社の社風や独自の制度など、自社独自の教育を実施する際は、社内研修が最適でしょう。

また、社内の交流や部署間の連動性強化を研修のゴールとする場合も、自社の状況に合わせて臨機応変に対応できる分、社内研修のほうが向いているケースが多いでしょう。

一方、社内研修の場合はどうしても内容がワンパターンになりやすく、受講者のモチベーションが上がりにくいという欠点があります。また、社内で研修を開催するためには相応の時間や労力を必要とするため、その分の人的コストを本業に割きたいと考える経営者も多いようです。

外部研修のメリット・デメリット

外部研修の場合、社外で開催されるセミナーや勉強会に社員が出向くケースと外部講師を招いて自社内で研修を行うケースの2パターンに分かれます。後者のケースを社内研修と呼ぶこともありますが、本記事では社外に依頼が発生するため外部研修として考えます。

外部研修の最大のメリットは、社内にはないナレッジを学べる点です。社内研修とは違い、外部からの刺激を受けることで、受講生のモチベーションが向上しやすく、より専門的な知識やノウハウを習得しやすくなります。

また、社外で開催されている研修であれば、他社から参加した受講生とも交流できるため、人脈が広がるきっかけになるでしょう。新たなビジネスチャンスにつながる可能性もあります。

したがって、スキルアップや新たな学習が目的の場合や、社内にはないアイデアや価値観を取り入れることがゴールの場合は、外部研修が適しているでしょう。

外部に依頼する場合、当然ながら費用はかかりますが、研修の準備の大部分を委託できるため、社内の人的リソースを自社業務に集中できます。自社リソースの配分を最適化できれば、結果的に、企業全体の売上・利益や業務効率の向上も期待できます。

ただし、外部に頼む場合は、講師の選定によって研修の質が大きく左右されます。社内研修と違い、講師の人柄や能力を事前に把握しきれない点はデメリットでしょう。

そのため、外部研修の場合は特に、社員教育の目的や組織風土に合った講師の選定と、研修内容の綿密な打ち合わせが非常に重要です。

社内研修と外部研修どちらを選ぶべきなのか?

自社リソースが少ない場合や研修ノウハウが蓄積出来ていない場合は、社内でしか教育できないコンテンツを除き、外部研修を選ぶべきでしょう。

研修を専門にしている企業や組織には、人材教育のノウハウが豊富に蓄積されています。また社内研修では対応が難しい高度なスキル教育も、專門の研修会社なら可能でしょう。

また、外部研修を最大限に活かすためには、その研修内容を社内に共有し、実際の業務の中で適切に組み込む必要があります。そのためには、研修報告書のフォーマット等を事前に整えておき、研修を受けた社員から適切なフィードバックが得られるような仕組み作りが重要です。

研修レポートの書き方については別記事で詳しくまとめていますので、合わせて参考にして頂ければと思います。

外部研修によって新たな知識やノウハウを社内に導入できれば、そのフィードバックをもとに社内研修をブラッシュアップできます。

社内研修との相乗効果を考えても、社内教育のノウハウがない企業ほど最初は外部研修からのスタートをおすすめします。

外部研修の活用で社内研修も充実させよう

外部研修を積極的に実施すれば、社員のスキルアップや新たな人脈形成が促進される他、社内研修のノウハウを磨くこともできます。

社内の教育体制を見直す際には、ぜひ外部講師や專門の研修会社を積極的に活用しましょう。また、外部講師を依頼する際のポイントや依頼文の書き方については、別記事に詳しくまとめています。

外部研修の効果を高めるためには、適切な講師の選定と的確な依頼が不可欠です。上記の記事でご紹介したポイントを参考に、ぜひ社員教育の充実に取り組んで頂ければ幸いです。

西野浩輝写真マーキュリッチ代表取締役
西野浩輝
「人は変われる!」をモットーに年間150日の企業研修をおこなう教育のプロフェッショナル。トップセールス・経営者・外資系勤務など、これまでの自身の経験を活かして、グローバルに活躍できるプレゼンター人材の輩出に取り組んでいる。
西野著書写真

西野浩輝プロフィールはこちら