AsiaX掲載記事『成功への道しるべ』第1回~日々是プレゼンの考え方が道を切り開く

プレゼンテーションの機会がない。そう思ってしまう背景にプレゼンテーション=壇上で大きなスクリーンを背に話す事や複数のお客様相手にPowerpointを用いて話す事と限定してしまっているから。いいえ、違います。プレゼンテーションの機会は至るところにあります。ビジネスにおけるコミュニケーションすべてと考えれば。

Asiax1

弊社代表の西野がシンガポールの情報誌「Asiax」で『ビジネス4賢者が送る成功への道しるべ』で記事を連載しています。サイトを訪問してくださった皆さまに向けて、これまでの記事を随時更新していきます。

 「日々是プレゼン」の考え方が道を切り開く

  • 顧客への提案プレゼン
  • 就職面接プレゼン
  • 社員への方針伝達プレゼン

など、

プレゼンテーションというのは、ここ一番の重要な局面でのものが多く、ビジネス人生を大きく左右することもしばしばあり得えます。

私は、プレゼンテーションを指導する研修講師・コンサルタントという職業柄、当然ながらプレゼンに関する相談を頻繁に受けます。その際、以下のような悩みを持つ人が意外と多いのに驚きます。

「プレゼン上達のために場数は必要だと思う。ただ、なかなかその場数が踏めない。そんな中で、どうやったらうまくなっていけるのでしょうか?」と。

プレゼン力の向上。その前に・・・

実際、プレゼン力を向上させていくやり方はたくさんあります。プレゼンの本を読んだり、
プレゼンクラブに入ったり。ただ、その前に認識を改めることが必要です。プレゼンに関して、まずは以下の考え方を持ってほしいのです。

『ビジネスにおける、全てのコミュニケーションの場面をプレゼンテーションと思って臨もう』というもの。要は、『日々是プレゼン』と思おうというメッセージです。

 

日々是プレゼンと場数

この考え方を持てると、一気に場数が増えます。上司への報告、顧客への商品紹介、会議での発言・・・。そういった場を最大限活用しましょうよ、という提案です。

例えば上司へ業務報告をする際、思いついたことをダラダラ述べるのではなく、これも立派なプレゼンだと思って、プレゼンのフォーマットに沿ってシナリオを練ってから話す。

また会議で意見を述べる際、結論ファーストで述べるだけでなく、滑舌・笑顔・抑揚などを意識して行う。このようにさまざまな工夫ができるはずなのです。

 

日々是プレゼンの大きなメリット

この『日々是プレゼン』と考えることのもう一つの大きなメリットがあります。それは、仕事の成果向上にも直結するということ。上司への報告、クライアントへの商品紹介等を「これもプレゼンだ!」と思ってやると、漫然と行うより当然印象深く、かつ効果的に伝わる。

そうすれば、相手が自分のシナリオ通りに動いてくれる確率が高まり、当然ながら成果に直結するわけです。

 

 最後にこの考え方を持つことで、大きなメリットを享受できた私の例をご紹介します。

以前、外資系企業に勤めていた時のこと。外国人である直属上司とそりが合わず、困っていました。業務の報告をすると、英語での報告ということもあり、「何を言っているか、よくわからん!」と言われることもしばしば。

そこで、私は「1つ1つの報告をプレゼンと思って行おう」と決めて臨みました。すると驚くほど効果があり、その上司からの評価も急上昇したのです。

 

何よりもプレゼン力が大きく向上し、今の講師業につながる道筋を作ってくれました。現在、日本語のみならず、英語でもプレゼンを指導させてもらっているのですが、それもこれも、この考え方に気づけたおかげだと思っています。

『日々是プレゼン』の考え方は、あなたのビジネス人生を切り開いてくれるはずです。

このページの先頭へ