リモート・マネジメント研修 ~リモートワークで部下とチームを効果的にマネジメントするコツ~

イメージ

17年の実践経験から編み出した
ノウハウを凝縮したプログラム

リモート・マネジメント研修は、メンバーのセルフマネジメントを高める「マネジメント研修」をベースに、リモート・マネジメントに特化した内容を盛り込んだ実践的な研修です。

マネジャーがメンバーの「自立・自燃・自走」を引きだすマネジメントにシフトし、リモートワーク環境下においてもチームの成果と成長に導く方法をお届けします。

開発者であり講師の西野浩輝からお伝えしたいこと ~リモート・マネジメント研修開発の背景~

内容をお伝えする前に、私が本研修を開発するに至った背景をお話しさせて頂ければと思います。

私、西野は創業以来17年間、講師と社長の二足のわらじを履いてきました。講師として、年間130~140日の研修をこなしています。登壇だけでなく、準備や開発も講師の重要な仕事のため、特に繁忙期は部下と対面で話せるのは週一回程度。ときには、月一回ということさえあります。

そんな厳しいリモートの状況下でも、当然ながらマネジメントをしっかりこなさないといけない。

当初は「リモート・マネジメント」の概念は一般的でなく、先人のノウハウもロールモデルもない状態でした。

そんな中で、私なりにもがき、苦闘しながらも、少しずつ方法論化して答えを見つけていきました。

今も現役の「リモート」マネジャーであり、日々遭遇する課題もたくさん抱えていますが、おかげさまで多くのマネジャーが直面している問題はかなり解決できたと思っています。

そこで、リモート環境下において悩み模索しているマネジャーに少しでもヒントをご提示することでお力になれないかと思い、「リモート・マネジメント研修」を開発しました。

実践的なリモート・マネジメントがどういったものなのか、ここまでの話に共感いただけた方は是非最後までご覧ください。

リモートワークにおけるマネジャーの悩み

リモートワークの導入によりメンバーと顔を合わせたコミュニケーションが減少し、これまでのマネジメント方法では立ち行かない状況になっています。

対面でマネジメントを行っていた時と勝手が異なり、マネジャーが目に見えない状況に思い悩み、疲弊していることも少なくありません。

具体的には、以下のような事象や課題を抱えていることが分かっています。

  • 部下に対するちょっとした確認ができない
    • 仕事の進捗
    • マインド・メンタルの状況
  • 部下の忙しさ度合が分からない
  • チーム仕事に抜け漏れ・重複が発生する
  • 「サボらないか?」と不安になる
  • 部下教育の機会が減る
  • チームの一体感が減る
  • 部下の評価が難しい
  • ナレッジの共有機会が減る

これらからマネジャーが、「仕事」と「人」の両面でコントロール出来ていない事がうかがえます。

リモートワークにおけるマネジメントの考え方

これまでマネジメントは「管理」と表現されるように、「1人1人のメンバーの行動を逐一チェックし、是正し、ときには自ら手を下す」ことが主だった方法でした。

しかし、リモートワーク環境下では、旧態依然の「管理」を行うことは現実的に不可能です。

また、どうマネジメントしていいか分からないからといって、「放任」してはマネジメント本来の目的である成果と成長を導くことは難しいでしょう。

「管理」や「放任」によるマネジメントの末路

解決の方向性

リモートワークにおいてマネジメントを機能させるには、マネジャーがメンバーと組織の「自立・自燃・自走」を引き出す役割へと変容する必要があります。

「自立・自燃・自走」とは?

自立・自燃・自走とは、メンバーが上司の指示を待つだけでなく、自らゴールを設定し、自らハートに火をつけ、成果に導いていく状態のことを指します。

これはメンバーに「任せたよ」と言っただけでは当然ながら実現しません。マネジャーが前提となる条件を作りあげ、整えていく事が非常に重要になっていきます。

いわばこの組織運営の素地にあたる環境作りが、マネジャーとしての仕事であり、力を注いでいく箇所になります。

「自立・自燃・自走」を引き出すための3大条件

「自立・自燃・自走」を引き出すための条件は大きく3つあります。

  1. 「上司-部下の信頼関係が築けている」こと
  2. 「部下が自発的に行動し、自主性を良しとする風土」が用意されていること
  3. 「基準をもとに考え行動し、個人の特性ではなく仕組みで仕事を回す」こと

これら3つが整うことで、メンバーは「自立・自燃・自走」の状態に近づく事ができます。

研修プログラム内容

「自立・自燃・自走」を引き出す3大条件をベースに、リモート・マネジメントにおける『Be(在り方)』を明確にし、仕事と人のマネジメントを「Plan(計画化)、Do(実践)、Check & Adjust(レビューと改善)』に分解。

体系的に理解、習得し、現場で活かせるワークを織り交ぜた実践的な内容になります。

研修の全体像

プログラム内容

イントロダクション

  • リモート・マネジメントにおけるありがちなNG
  • 核心的原因は、現行の「管理」ベースのマネジメント
  • 究極的な唯一の解決方針
  • 「リモートマネジメント」2つのキーワード: 「自己効力感」と「自己成長感」
  • 【演習】自分自身のリモートマネジメントの課題を考える

Be : 「部下との信頼関係」を見直すとともに、リモート・マネジメントを効果的に行う為の基準を明確化する

  •  リモート時代における「Be(あり方)」を見直す
  • 「あの件、どうなっている?」と聞いている時点で、リモートマネジメントは失敗
  • 土台となる2大要素:信頼関係・部下理解
  • 部下理解を深めるミニテクニック集
  • 【演習】部下との信頼度は何点?(自分目線・相手目線)
  • リモート時代に必須の「基準(ポリシー)」とは?
  • 【演習】自チームの適切な「基準(ポリシー)」を作成する
  • 基準を用いた「Good & Newタイム」で様子が掴める
  • オンラインランチ会を活用するコツ

Plan : リモート・マネジメントにおける「計画化」・「割り当て」・「アサイン」のコツを学ぶ

  •  戦略的に「半雑談タイム」を作るためのマトリクス
  •  【演習】マトリクスを用いて、半雑談タイムをどう作るかのアイデア出し
  •  「会議10分前・報連相タイム」を組み込む
  •  今の忙しさを把握する方法 : 「2×2」の質問
  •  今こそ、チームの業務一覧表を全員で作成する
  •  部下育成計画は、本人に作らせること
  •  リモートで仕事をアサインする「Why-What-How」のコツ
  •  【演習】あるタスクの「Why」を作成、最適化する

Do : リモートマネジメントでの「仕事の遂行」と「部下の指導育成」のコツを学ぶ

  •  電話、メール、チャットの使い分け方
  • 【演習】あなたは、上記3つをどう使い分けているか?
  •  部下の自立を促す「報告」の受け方
  •  リモートだからこそ「3割報告」のしくみ化を
  •  リモート時代のコーチングとカウンセリング
  •  2ステップで、「1on1ミーティング」を定着化する
  •  「1on1ミーティング」のフォーマット
  •  オンラインコミュニケーションのコツ
  •  【演習】オンラインでの「1on1ミーティング」のロールプレイ
  •  状況ヒアリングで必要な「仮説力」
  •  【演習】あるメンバーの状況に関して、3ステップ法で仮説を立ててみる

Check & Adjust : 仕組み化(仕事)とフィードバック(人)を上手く活用して、リモート環境でもマネジメントが機能する体制を作る

  •  リモート時代は、「C&A」の重要性が倍増する
  •  「業務遂行」と「仕組化」の両立のコツ
  •  褒める際は、チャットと第三者効果を活用する
  •  注意する際の留意点とコツ
  •  【演習】あなたが「注意する」際に気を付けていること
  •  基準を用いた「Good&Newタイム」は、評価に活用できる
  •  相互フィードバックはリモート時代に欠かせない
  •  【演習】相互フィードバックのロールプレイ
  •  「仕事の工夫」自慢大会は一石三鳥

研修の特徴

マネジメントの本質へのアプローチ+リモートマネジメントの手法を同時に習得

マネジャー本人のあり方や部下との信頼関係の築き方、メンバーの「自立・自燃・自走」を引き出す方法など、マネジメントの本質へのアプローチだけでなく、明日から現場で使用できるリモートマネジメントの手法を同時に習得できる内容になっています。

講師自身の17年のリモートマネジメント経験をベースにしたプログラム

弊社は創立時からリモートワークをメインに業務を遂行してきました。代表の西野は講師であると同時にプレイングマネジャーとして、リモートマネジメントを行ってきた経験を有しています。プログラムは豊富な経験をもとに設計と検証を行い、常にブラッシュアップされた内容をご提供しています。

また、オンライン研修ならではのポイントを考慮し、受講者の集中力を継続させる工夫が随所に散りばめられたファシリテーションを実現します。

関連する紹介セミナー

講師紹介

西野浩輝写真マーキュリッチ代表取締役
西野浩輝
「人は変われる!」をモットーに年間150日の企業研修をおこなう教育のプロフェッショナル。トップセールス・経営者・外資系勤務など、これまでの自身の経験を活かして、グローバルに活躍できるプレゼンター人材の輩出に取り組んでいる。
西野著書写真

西野浩輝プロフィールはこちら

研修の検討・導入プロセスについて

研修導入のプロセス

研修の検討・導入プロセスの詳細はこちらのリンク先をご覧ください

コンサルティング・研修に関するご質問・お問合せはお気軽にご連絡ください
(お電話の受付時間は9:00-18:00となっております)

電話を持つ女性
tel
お問合せはこちら

このページの先頭へ