研修の特長

010301-text
010302-selfrun

私たちの研修の特長は受講者の「自立・自走」を考えた研修であること。 だから、研修が終わった後も成長が持続していくのです。

なぜ、研修期間中、受講者は自己成長力(自ら学び、自ら伸びる力)を実感し、研修後も成長が持続できるのか?そのメカニズムをお伝えします。

010303-matrix

自立・自走を可能にする3つの特長

010304-3rules

研修をきっかけに自立・自走の成長が可能となる。言わば、研修が成長のターニングポイントになるために仕掛けがあります。“フィードバック眼の育成”と“反復のための実践ツール”。そしてそれを支えるのが質の高い講師陣です。

これらにより、研修を受けている数日以上に、ビジネスの現場にいる360日で成長を持続できるのです。

自分で自分を指導するためのフィードバック眼の育成

010305-feedback

自分の「成長した点」と「伸びシロ」を見つけられれば、自ら成長のPlan-Do-Checkサイクルを回せるようになります。当社ではこのCheckをFeedbackと呼び、研修の中軸に据えています。

研修中ならば受講者の実践・演習に対して講師からアドバイスを与えることもできます。しかしそれは研修中だけのこと。ビジネスの現場では自らの実践を自分自身で分析していく「フィードバック眼」が養われていなければ、成長は望みにくいのです。

マーキュリッチの研修では、自ら成長するためのフィードバック力を養うことに多くの時間をとっています。

自ら反復を可能にする実践的ツール

010306-tools

研修の1年後、学んだ知識・ノウハウが使い続けられるためには、実践・活用される仕組み、反復の中で習慣化されていく仕組みが重要です。

マーキュリッチでは、できる限り学びを「具体化・実践のためのツール」に落とし込んでいます。

しかもそのツールをどのようなシーンでどのように活用すればよいかを指導し、ツールを活用することが快の感情につながることまで理解を促す。
学んだことを活用し、反復のなかで修得していくことこそ、学びの本質だと考えています。

「成長を本気で願う」講師陣

010307-faculty

「いままで受けた研修で、一番ハードだった。だからこそ身に付いた」。私たちが受講者からよく頂く言葉です。実は講師も研修後はバテバテになります。

●何故なら、どうすれば、1mmでも先まで成長してくれるか?

●どんなフィードバックをすれば行動を継続してくれるか?

を考え、受講者と本気で向き合うからです。
いつも受講者の成長を本気で願って、一つ一つの研修に本気で取り組んでいます。

マーキュリッチのアイデンティティ研修の特長プレゼンター人材マーキュリッチスタンダード

このページの先頭へ